セルシオの車売却における走行距離と年式の特徴

セルシオの車売却における走行距離と年式の特徴

セルシオという車の売却は、他の車種に比べるとやや特殊な一面があります。というのもその車種の場合は、走行距離と年式がかなり特徴的なのですね。どちらの数字も、やや微妙な状況になっている事が多いのです。

 

10万キロ以上で売却される事が多いセルシオ

 

まず前者の走行距離なのですが、一般的には10万キロが1つの目安になります。その距離に達している車の場合、ちょっと買取が難しい事もあるのですね。
長く走り込んでいる車の場合は、やはり使用感が見られるものです。車の使用感が大きいとなると、それだけ評価も下がってしまう傾向があります。ですので一部のお店では、10万キロを超えた車の買取をすべて断っている事もあるのです。
もちろん、10万キロを超えている車でも買い取ってくれるお店はあります。ですので車を売る時にはお店を選ぶのが大切なのですね。
ところでセルシオという車の場合、10万キロに達しているものが非常に多いです。しかもその金額でも、意外と高く売れている事も多いのですが。
セルシオの売却者の人数が、全部で100人ほどいらっしゃるとしましょう。その中で約7割前後は、走行距離が10万キロを超えているのですね。
他の車の場合は、そうではありません。走行距離が比較的少ない段階で売却している事が多い車種も見られるのですが、セルシオの場合は10万キロ越えの事例が多い訳です。ある意味それは、その車の特徴の1つと言えるでしょう。
しかも10万キロを超えていても、この車は比較的高く売れます。走行距離が14万前後でも、買取金額が20万円台を超えている事例もあるのですね。
セルシオの売却価格

 

ほぼ全ての車が10年落ち

 

そしてもう1つの年式も、車の買取では大きなポイントになります。10年落ちの車などは、一般的には要注意ですね。前述の10万キロの車と同じく、やはり買取金額は厳しくなる事が多いからです。
ところがセルシオの場合は、話は別のようです。というのもその車の場合は、ほとんど全てが10年落ち以上になるのです。2,005年以降に販売されているセルシオは、そもそも無いのです。
そして10年落ちの状態でも、セルシオは比較的高く売却されています。高ければ、100万円以上の売却金額が付いている事例もあるのですね。10年落ちで100万円以上というは、かなり高い方です。
このように走行距離や年式がちょっと微妙であっても、そこそこ高い値段が付く事が多いのはセルシオの特徴の1つと言えるでしょう。かなり走り込んでいるので車を買い取ってくれるかどうかが不安な方もいらっしゃると思いますが、そこは安心して査定を受けてみると良いと思います。ただしお店は良く選びたいものですね。